学生生活が終わりを告げ、いよいよ社会人の仲間入りです。まず、ビジネスマンに必要なのはスーツや靴!これがなければ出社できませんね。ここでのテーマは、「新社会人のためのスーツと靴」についてです。価格の相場や、色や形など基本的なことから、こうしたら見栄えがよくなる応用編までしっかり押さえて社会人デビューを飾りましょう!

スーツの相場

社会人になりたてのフレッシュマン時代には高級なスーツが必要というわけではありません。しかし、毎日身に付ける相棒ともいえる存在なので素材やフィット感にこだわって慎重に選びましょう。ビジネススーツの一般的な価格は2万8000円から3万5000円といわれていますが、1年から3年目であれば2万8000円前後の価格帯のスーツから選ぶことをおすすめします。もちろん、就活に使っていたリクルートスーツももちろん再利用できます。リクルートスーツの相場は上下セットで1~3万円といわれていますが、はじめからフレッシュマン時代にも着倒すことをイメージしてスーツ選びをするのもいいでしょう。また、年収から考える方法もあり、その上限は2.5%までといわれています。まずは身の丈にあったところからスタートさせましょう。

必要な数は?

ビジネスマンに必要なスーツは最低3着といわれています。何かと物入りで予算が足りない場合は入社時に2着、その後入ったお給料で3着目を買うといったプランをおすすめします。また、シャツや靴下・ネクタイはは6つずつといわれていますが、こちらはなるべく最初から揃えておくことをおすすめします。平日に疲れているから洗濯が億劫でも、数が揃っていれば週末にまとめてするなんてことも可能です。

スーツの裏ワザ

価格帯によって見栄えが大きく変わるスーツですが、新社会人には厳しい価格となるでしょう。そこで、お金をかけなくてもワンランク上にみえるスーツの裏ワザをご紹介いたします。

スーツの見栄えは肩幅で決まる

スーツを選ぶ時のチェックポイントはどこにおいていますか?カラー?丈の長さ?実は、どのスーツでも一番気にするべきなのは肩幅です。ここがピッタリとフィットしているだけで不思議としっくりとハマります。日本人のほとんどは肩幅が大きめのスーツを着ているといわれていますが、これではもったいない!着てみて肩をそっと触り余裕があるようならそれは大きい証拠なので、たくさんのスーツを試着し自分にフィットするスーツを選ぶとよいでしょう。

ボタンを取り替える

安いスーツでも、ボタンを水牛ボタンに取り替えるとグッとランクアップして見えます。スーツと少し違った色味の物を選ぶのがセオリーですが、あまりハデになり過ぎないよう気をつけましょう。おすすめは、ツヤがあり水牛独特の筋が入ったものです。ボタン選びに困ったら店員さんに相談してみることをおすすめします。

靴の相場

毎日履くビジネスシュースなので、あまり安いものだと足が痛くなったり、疲れが溜まりやすくなるのでおすすめはできません。良質と言われる靴の目安は3万円からと言われていますので、この価格を参考にしてみるといいでしょう。ヨーロッパのビジネスマンはスーツよりも靴にお金をかけます。それは高いスーツと安い靴の組み合わせがみすぼらしい雰囲気になるのに対し、安いスーツと高い靴では上質な雰囲気が出せるというのも理由の一つです。また、安い靴では健康を損ねる可能性が高いことを知っているからだといわれています。しかし、靴も内勤で2足、営業なら3足程度必要とされているのでいっぺんに揃えるのではなく徐々に増やしていくのもいいでしょう。最低ラインは2万円、これ以下ではいくら新人とはいえ残念な雰囲気になってしまいますので注意が必要です。

靴の種類

ビジネスシューズにも様々な種類がありますが、どこへいっても恥ずかしくない種類はストレートチップとプレーントゥです。ストレートチップの場合、メダリオンと呼ばれる穴飾りがある靴もありますが、少ないほどフォーマルなのでTPOに合わせて選びましょう。カラーは黒や茶色を選べば間違いないでしょう。カラーは、ベルト・カバン出来れば時計も統一するとおしゃれに見え、チグハグな印象にならないのでコーディネートの基本にしてくださいね。

フレッシュマン時代

入社から1~2年は仕事を覚えるだけで手一杯、毎日が忙しく過ぎていくことでしょう。仕事を覚え任されることも増えてきた3~4年目からは、後輩の指導にあたることもあるでしょう。ここまで来たら、今までのフレッシュマン仕様から一歩抜け出してワンランク上のスーツや靴を取り入れることをおすすめします。スーツのほかにもカバンやネクタイ、時計にベルトやシャツと必要な物は意外と多く出費もかさみます。見ていると色々欲しくなってしまいますが、しっかりと財布の中身をチェックして計画を立てた上で購入することが社会人としての正しい一歩といえるでしょう。