ビジネスマンにとってスーツは、マストアイテムですよね。出来るビジネスマンは、スーツをきちんと着こなしていますよね。見た目が全てではありませんが、やはりきちんとスーツを着こなしている人と言うのは、実際に仕事ができる人が多いのは、意識の高さから来るんじゃないかと思いますね。プロ野球の選手でも、スーパースターになると自分のユニフォームの着方というのをすごくこだわるといいます。実際にメジャーリーグで今でも大活躍をしている、イチロー選手のユニフォーム姿は本当にかっこいいと思います。

スーツをきちんと着こなすと言うのは、見る人が見れば、この人はきっちりしていると思いますし、そこまで気を使うということ自体が、優秀なビジネスマンの一歩でもあります。

そんな前向きのビジネスマンにとって大きな悩みは、自分に合うスーツってどうやって選べばいいの?ということだと思います。実際にスーツを選ぶ場合には、ポイントがありまして、ちゃんとした店員がいるスーツ売り場では、必ずそのポイントをチェックしながら、お客さんにスーツをご紹介をしています。

スーツを選ぶ場合の一番大事なポイント

まず、スーツを選ぶ際に一番大事なポイントは、サイズがあっているかどうかということです。大きすぎても、よれよれになりますし、小さいと貧乏くさい感じなったりしますので、まずは、自分のサイズにあっているスーツを選ぶということが一番重要なポイントに成ります。

そのポイントがわからないから困ってる!と言われそうですが、実はあっさりとチェックするポイントがあるんです。それは肩にそのスーツがあっているかどうかということです。そのスーツを来てみて、肩のあたりが窮屈かなあと思えば、それはあなたにとって小さくなっているということですし、余裕がありすぎるかなあという感触であれば、そのスーツはあなたにとって大きいと思って良いと思います。

スーツ選びの3つのチェックポイント

次に細かいチェックポイントをご案内します。そのポイントはと言うと、3つあります。そのポイントとしては、

後ろ襟

これはスーツを来た時に、シャツの後襟が2cm弱見えていればOKです。これがそれ以上出てしまうと、とてもみっともなくなります。

後ろ首〜背中のシワ

スーツを着た時に、後ろ首から背中にシワがある場合は、スーツが小さいという証拠です。

そで丈

スーツからそでが出ている状態は、最大1.5cmです。それ以上出ると間延びしてしまいますし、スーツが小さいということになります。

スーツ選びは、まずはこの3つがポイントです。大きすぎても小さくてもおかしくなってしまうので、お店の人とよく相談をしながら、それと鏡をよく見て、チェックしたいところです。それと一人で行くよりはガールフレンドと一緒に行けば更にいいスーツが選んでもらえるかもしれません。